専門科目(演習領域)

コンピュータ、デザイン、リサーチの専門スキルを演習方式で学びます。

演習科目

コンピュータ演習
この演習では、情報社会の必須の文房具として、パーソナルコンピュータの基本操作をマスターし、大学の講義、演習、レポート作成などに対応する。まず、ワープロソフトによる文章の作成、表計算ソフトの操作スキルを習得する。さらに、プレゼンテーションソフトを使用したグラフィカルなスライドショー作成スキルを習得する。
グラフィックデザイン演習
自分の伝えたい情報を文字だけでなく効果的な図版や写真を使ってグラフィカルに表現するスキルは、デザイン領域に限らずあらゆる分野で重要である。本授業はデザインの現場で標準的に使用されているPhotoshop、Illustratorの基礎を習得する。
まちの観察
まちづくりのテーマを発見するため、「①都市空間に係わる問題課題の抽出」、「②街の性格、個性の把握」のための総合的な街の観察方法を学ぶ。
まちを観察するには、フィールドサーベイによる自然、空間、生活、歴史などについての五感的観察と、地図・統計・計画&規制などの資料・データを通しての客観的観察の二つの方法があるが、この授業では五感的観察の手法を中心に学ぶ。五感的観察から得られた資料を分析することによりテーマの発見へと結びつける。このための観察方法を講義し、フィールドワークを通じて成果物としてまちの問題課題地図や特色地図を含むオリジナルタウンガイドを作成する。
プレゼンテーション
プレゼンテーションを行う対象者と、結果として期待する反応を明確にしたビジネスプレゼンテーションに関して、基本的なスピーチ力の醸成、ロジカルなコンテンツとエモーションに訴求するビジュアル部分をバランス良く学習する。基礎力を養った後に、総合演習として、課題に沿ってグループ毎にプレゼンテーション素材を作成し、クラス全体にプレゼンテーションを実施する。
空間デザイン演習(1)
第一に将来どの分野に進んでも、都市や町の主要構成要素である建築を見る目を養うことが重要であり、建築の良し悪しを判断できる感性・能力を養うために、建築を数多くスライドなどでレクチャーする。
第二に「建築はどうやって建っているか」を空間を構成する方法や構造架構の原理や方法を、身体的に体感し学習する。そして、空間形態の可能性を考えてみる。
第三にCADが主流の時代であるが、デザインワークの基礎はハンドワークのドローイングにあり、手で思考することが大事である。ドローイングの基本である線の引き方、道具の使い方、などを学習し、平面図・断面図・立面図・パーススケッチ・模型制作・写真撮影など立体を表現する方法を学ぶ。頭に描いたイメージを出来るだけ早く他人(社会)へ図や模型等を使用して説明・表現をする能力とスキルを高めるため、造形について深く考え、また、理想の住宅の課題を通じて、身体的な寸法と空間の関係を考えたりライフスタイルの提案を表現できるようにする。
空間デザイン演習(2)
空間デザイン演習(1)を継続する形で演習と講義を平行して行う。引き続き、建築を見る眼、建築の良し悪しを判断できる感性・能力を養うために、名建築を数多くスライドなどでレクチャーする。
空間デザイン演習(1)で培った空間の形成方法や手書き表現スキルを前提に、この学年の能力に見合った内容、規模のアートミュージアムや集合住宅の設計(コンセプト・ドローイング・模型税作など)を通じて空間デザインスキルを習得する。
また、この空間デザイン演習は作品を仕上げることはもちろんだが、毎週時間内におけるデザインに関する教員と学生の対話における、幅広い建築や都市を構成する知識を理解し学習することが大変重要である。つまり、デザインを行うときのプロセスを非常に重要視する科目である。
空間デザイン演習(3)
都市・建築にとって基本的な要因である「空間・かたち・架構」の関係を体得し、そこで理解したことをさらに進めて、建築の設計に結びつける。
そのために、前半では短期のシリーズ課題により、自分の手で「つくる」ことを通じて、空間構成と構造架構の、原理やシステムを「体感」学習する。
後半は、その成果を生かしながら、建築課題(複合建築等)を解いて「設計」作品に結実させる。
都市デジタルシミュレーション(1)
この演習では、従来と異なり最初から3次元仮想建物モデルをPC内に組み立て、必要に応じてその3Dモデルから図面やパース、各種建物情報を取り出して扱うという新しいタイプのCADの一つであるArchiCADによる建築教育を行う。これは新世代3DCADと呼ばれ、PCの中に3次元仮想建物モデルを作成して、設計者・施工者・メーカー・クライアントなどの関係者の情報共有を促進し建築生産全体の生産性を向上させるBIM(Building Information Modeling)の方法論に基づいたものである。
演習では、単純で基本的な床・柱・壁で構成される建物を組み立て、階段・出入口・家具など建物部位を配置するという順序で、建物の成り立ちを理解させると同時に新世代CADの特徴の理解と基礎的な操作を習得させる。また内蔵された環境シミュレーション機能を用いて, 建築の性能評価について基礎的な理解を得る。
都市デジタルシミュレーション(2)
BIM(Building Information Modeling)は、3DCADと異なり、建築を構成する部位が属性情報を持っている。このBIMの特性を生かして、建築の計画段階において、客観的な性能評価実験を繰り返し行うことができる。この演習では、BIMモデルをベースにデータ連携を行い、各種シミュレーションソフトを駆使して、エネルギー評価による環境計画、3Dプリンターを用いたボリューム計画、人の行動特性に基づいた避難計画、光のバランスを配慮した照明計画などを行う。また3Dモデルから詳細情報を取り出し、ファシリティマネジメントにも応用する。
マーケティングリサーチ演習(1)
マーケティングリサーチ演習(以下MRと略)とは、企業や組織のマーケティング活動に必要な顧客関連データの収集・分析・報告に関する演習である。マーケティング活動とは、顧客・消費者のニーズを起点に価格、製品、プロモーション、チャネルなどを設計することを意味するが、MRはその各々の局面で必要に応じて実施される。MR(1)においては、こうしたMRの意義、プロセス、ステップを理解し、実践的な課題に即して基礎的なリサーチ、マーケティングの生産性を測定する ための基礎的なの手法、実施方策を演習として学ぶ。
マーケティングリサーチ演習(2)
マーケティングリサーチ演習(1)の内容を発展応用し、商品開発や街づくりに対して、ターゲットの設定から商品デザインや店舗デザインに至るまでマーケティング・プロセスの全体を疑似的に体験する中で、効果的なマーケティングリサーチを学ぶ。成熟市場で成果を出すためには、定量的な手法だけではなく定性的な手法も活用する必要がある。マーケティングリサーチ演習(2)では、具体的な課題に即し効果的な問題、意志決定の選択肢、調査目的の明確化を意識した応用的なマーケティングリサーチの手法を学ぶ。定量的手法に加え、フォーカスグループインタビュー(FGI)、行動観察、KJ法、デザイン・シンキングなどいくつかの定性的手法を実際的な課題に即して実習する。

ページトップへ戻る