都市生活学部のキャリア形成教育と就職実績
「都市生活学部はなぜ就職に強いのか」

1.都市生活学部の人材育成方針

都市生活学部は、国内外の都市における、「社会課題」を分析し、解決策を提案できる人材を育成します。都市における「社会課題」は、今後ますます複雑で横断的になっていくと想定されます。そこに人々の「価値ある都市生活」すなわち質の高い働き方、暮らし方、楽しみ方を提供することは、ますます重要になってきます。「価値ある都市生活」とは、私たちの生活の質を向上させる商品やサービス、街の賑わいや個性的な空間、人々の心を刺激し豊かにする文化、環境と共生する穏やかな社会などを指しています。そしてそれらを支える制度とシステムも含まれています。
都市生活学部では、このような都市生活の様々な社会課題を調査分析し、構想・企画へと描きあげる人材、そしてその実現と継続のためのマネジメントを担う人材を、教育と研究の両面で育成します。そのために、商学・経営学に基礎を置き、工学技術マインド、デザインマインド育成する教育を行っています。また、国際的な視野を持って、企画・実行・運営業務を担えるような実践教育を行っています。

都市生活学部の5つの人材育成方針

  • 1.都市における持続可能な「価値ある都市生活」を実現するために、空間・製品・サービスをデザインしマネジメントする(企画・設計・実現・運営)人材を育成
  • 2.都市の「社会課題」や「潜在特性」を調査分析し、多様な専門家の意見も踏まえて多様な解決提案をまとめ上げ、新たな価値を創造する人材を育成
  • 3.日本だけではなく、世界を視野に幅広く活躍する、「ビジネスプロフェッショナル」を育成
  • 4.地域とコミュニティ・マネジメントの構築・創造の視点で、都市の課題を考え実践する人材を育成
  • 5.都市における「価値ある都市生活」を実現する様々な領域において、実践的かつ専門的 な研究を行う人材を育成

2.キャリア形成教育の特徴

都市生活学部におけるキャリア教育の特徴は、1年生から3年生までの3年間にわたり必修科目として、キャリア形成のプログラムを持つことにあります。

1年次の必修科目「フレッシャーズゼミ」では、10名程度の少人数クラス単位で、様々な分野の文献を読み込んで内容を理解し、分析を行います。また、担当教員との個別面談を通して、キャリア形成にむけた相談を行うとともに、将来の目標に向けた意識づけを促します。
2年次、3年次の必修科目「キャリアデザイン」は、社会人としての基礎力醸成からはじまって、業界・企業の最新状況を研究するとともに、企業活動の理解や将来のビジョン確立に直結する内容となっています。キャリア支援センターとキャリア教育の専門家や企業の人事担当が行う様々な講義を中心としたシラバスを組み立てています。
また、海外・国内インターンシップ制度も充実しており、3年生の夏季、冬季休暇を利用して多くの学生がインターンシップに参加しています。 このように授業、インターンシップや資格取得講座をはじめとしたキャリア支援プログラム、きめ細かい個別面談などが一体となったサポート体制をとっています。

3.就職実績

3.1.社会からの高い評価

2014年度(平成26年度)以降、99%以上の高い就職率を維持し、2018年度(平成30年度)の卒業生では 100%の就職率を達成しました。就職の状況は数年前より上向いているとはいえ、都市生活学部に対する社会の期待の大きさをうかがわせます。 都市生活学部の人材育成力に対する社会からの評価の一例として、「学部系統別実就職率ランキング」では、都市生活学部は商学・経営学系で全国 5 位の評価でした。(サンデー毎日 2017 年8月14日号)

3.2.多様多彩な就職先

文理融合の都市生活学部らしく、就職先が多様多彩なことは大きな特徴です。(図表 3.2 参照)一つの専門領域を深く学びながらも幅広い分野の知識やスキルも身につけた十字型人材の育成という、学部の教育の特徴が良く表れています。同時に、多くの学生が、概ね、専門分野を活かせる、自ら希望した業種に進んでいるということになります。 業種別にみると、都市のマネジメントや住生活サービスに関わる、不動産開発・マネジメント、専門・技術サービス分野と建設・住宅分野合計で 61.0%と最も多くなっています。

図表 3.2「2019年 3 月調査」

都市生活学部H30年度

業種 人数 比率
不動産 38 25.3%
専門・技術サービス業 31 20.5%
建設・住宅 23 15.2%
卸売業・小売業 16 10.6%
情報通信業 12 7.9%
製造業 8 5.3%
金融業・保険業 5 3.3%
生活関連サービス業 3 2.0%
公務員 2 1.3%
その他 13 8.6%
合計 151 100.0%

3.3.著名な企業にも続々就職

日本経済を牽引する企業、業種を代表する企業、上場企業、注目企業等の著名な企業に続々と就職していることも特徴です。これらの企業は、当然就職活動での競争が激しく、有力大学の大学院生や学部生も応募しますが、社会課題への対応力、発想力などが評価され、都市生活学部の学生は次々と結果を出し続けています。中でも、不動産開発・マネジメント、商業開発・マネジメント分野は特に強い業種と言えるでしょう。

以下、卒業生の主要な就職先企業です。

不動産総合開発、オフィス・商業施設開発、ビルマネジメント
(株)東急コミュニティー
三井不動産商業マネジメント(株)
三菱地所プロパティマネジメント(株)
コミュニティワン(株)
住南アーバン開発(株)
野村不動産パートナーズ(株)
三菱地所コミニティ(株)
専門・技術サービス業
(株)丹青社
(株)スペース
三井デザインテック(株)
(株)富士通マーケティング
公務員
横須賀市役所
神奈川県警
建設・住宅
大和ハウス工業(株)
パナホーム(株)
三井ホーム(株)
共立建設(株)
旭化成リフォーム(株)
積水ハウス(株)
運輸・交通・郵便
東日本旅客鉄道(株)
東京急行電鉄(株)

4.2019年以降予測される状況

最後に、今後の予測される状況について列挙しておきましょう。

5 つの社会動向

  • 1.就職活動の通年化
  • 2.インターンシップなど実務、ビジネスとの繋がりがますます重視される
  • 3.グローバル化によって語学力(英語力)の活用機会が増加
  • 4.社会課題への対応力のある学生を希望する企業が増える
  • 5.人口減少社会で、特に地方での人材ニーズの高まり

2020年度に開催される東京オリンピックに向けて、当面経済は上向きに推移するものと考えられますが、その後の状況は不透明であると言われています。
しかし、短期的な視点ではなく、将来を展望したなかで、必要なスキルや経験を持てば、どのような経済環境であっても必要とされる人材となります。都市生活学部ではそういった対応をしっかりとるフォーメーションを構築しています。
近年では、インターンシップは必須の経験となりつつあり、就職活動も前倒しの傾向にあります。また、これまでのような1つの専門性を深くというよりは、多面的なモノの見方ができるといった、求められる人材像も変わってきています。もちろん、専門性と人間力を持つ学生の育成という根本は、どのよう社会状況になろうと、変わるものではありません。

ページトップへ戻る